ニキビ跡が気になる!効果的な対策法3選!

ニキビ跡を残さないためには?

しこりニキビや大きく腫れたニキビが出来た後には、ニキビ跡が残ってしまう場合があります。これは、ニキビが発生した時に間違ったケアを行っていることが、大きな原因と言われています。ニキビ跡を作らないためには、気になってもニキビを触らないことが大切です。また、爪や指は不衛生な場合が多いので、出来るだけ石鹸で手を洗い、清潔な状態を保つことも重要です。出来てしまったニキビを潰してしまうと、肌がでこぼこのクレーター状になってしまう場合があるので注意が必要です。

ニキビ跡が出来てしまった時の対処法

もしもニキビ跡が残ってしまった場合には、ビタミンCを摂るようにすると効果的です。ビタミンCには炎症を抑え、美白効果を高める働きがあります。真皮まで届く、ビタミンC誘導体の配合された化粧品を使用すると早い改善が見込めます。また、紫外線対策を行うことも重要なポイントです。ニキビ跡は紫外線に当たると、そのままシミとなり肌に残ってしまう場合があります。日中の紫外線が出ている時には、日焼け止めをしっかりと塗ってケアを行うと良いでしょう。

跡が気になる場合には化粧品の使用も

どうしてもニキビ跡が気になってしまう場合には、ファンデーションやコンシーラーで赤みをカバーすることができます。化粧品を使用する時には、出来るだけ肌に優しい成分でできたものを選ぶと良いでしょう。刺激の強い化粧品は、ニキビ跡の改善を遅らせてしまう原因に繋がります。また、化粧をする時にはなるべく指で触らないように気を付ける、化粧品は自宅に帰ったらすぐに洗顔で落とすようにするといったことを心掛けると悪化を防ぐことが出来ます。また、ビタミンCの配合された化粧品を選べば、ニキビ跡の改善にも効果を発揮してくれるでしょう。

ニキビ跡には、赤くぷっくりとしたものやシミのように残ってしまったもの、肌がへこんでしまういわゆるクレーターと呼ばれるようなものがあります。