ムダ毛処理では、何に最低限注意すべきか?

ムダ毛処理でやってはいけないこと

ムダ毛処理でやってはいけないことはあります。例えば、肌が乾いている状態において、そのままシェービングすれば、毛がふやけていないので剃りにくい上、肌の表面を傷つけてしまう可能性が高いです。何らの事前対策を講じずにシェービングしようとせず、肌の保護のため、必ず、専用のシェービングクリームやシェービングフォームを使いましょう。ムダ毛処理した後の肌は、相当敏感であるため、肌に合わない化粧品やクリームなどでアフターケアをすれば、トラブルを起こすこともあります。なるべく低刺激のローションやクリームを使用しましょう。

肌が敏感になる時とは?

皮膚に埋まっている毛を強引に剃れば、炎症を起こしかねません。深剃りや、毛の流れに逆らうように剃らないでください。古いカミソリで剃ることも禁物です。肌に負担をかけるばかりか、衛生面でも問題があります。肌が非常に敏感な生理の前後にムダ毛処理をすれば、肌のトラブルを惹起しやすくなります。生理期間においては、ムダ毛処理は避けることが懸命です。かかる不適切なシェービングは、肌に相当の負担をかけることになりますので、こうした負担を避けるために、方法や体調には配慮が必要です。

ムダ毛処理の正しい方法

毎日、ムダ毛処理をすれば、肌への負担は、重大なものとなり、色素の沈着や、肌の黒ずみの要因ともなり得ます。ムダ毛処理の頻度は2週間につき、1~2回が相当でしょう。入浴中では肌や毛が柔らかいため、この点のみに照らせば、シェービングに適していますが、反面、湿気が多いため、雑菌が繁殖していることから、注意する必要もあります。ムダ毛処理は入浴してから、10分後が推奨されます。入浴前にムダ毛処理をする場合、蒸しタオルで処理をする箇所を蒸らしたり温めておくと、毛穴が開いて毛も柔らかくなることから、スムーズにシェービングできます。

永久脱毛を東京ですれば必ず美しくなれます。また痛みも少ないので気軽にサービスを受けることができます。