こんなにある!ムダ毛処理で注意すべき点について

肌が乾いた状態でのムダ毛処理

殆どの人がシェービングクリームやジェルで肌を保護してから、ムダ毛の処理をしますよね。ただ、中にはジェルを塗るのが面倒で、乾いた肌に対して直接ムダ毛処理を施す人もいます。乾いた肌に対しムダ毛処理を施すのは肌に大きなダメージを与えるばかりではなく、ムダ毛が柔らかくないので剃りにくいんです。少し手間でもシェービングクリームやジェルを塗ってから剃った方が肌を守れるのはもちろん、スピーディーに剃れる可能性が高いですよ。

切れ味の悪いカミソリで処理をする

まだ剃れるから替えなくて良いやと思い、カミソリやシェーバーの替刃を長く交換していない人も多いのではないでしょうか。実はカミソリやシェーバーの替刃は思っている以上に切れ味が悪くなりやすいんですよね。切れ味の悪いカミソリで肌への負担が大きくなります。また、時間が経過すれば替刃に雑菌が繁殖している可能性もあるので、衛生的にも良いとは言えませんね。特にカミソリの替刃は2週間から1ヶ月ぐらいでの交換が推奨されているのでこまめな確認が必要です。

毛抜きを使ったムダ毛処理

剃るとムダ毛が太く見えるから、抜いた方がキレイに見えるからという理由で毛抜きでムダ毛処理する人も少なくありません。確かに毛抜きでの脱毛は毛根ごとムダ毛を引き抜くので、キレイに見えます。ただし、毛穴へのダメージもかなり大きいんですよね。傷んだ毛穴が炎症を起こして赤く腫れる可能性もありますし、開いた毛穴から雑菌が入る恐れもあります。何より毛抜きによる脱毛は、皮膚の中に毛が埋まる埋没毛が生まれやすいのが厄介です。

医療脱毛を新宿で実施するためには、プロのスタッフが在籍しているクリニックで相談を申し込むことが大事です。