美容整形はメンテナンスが必要なの?その疑問に答えます!

美容整形の進化とメンテナンスがいらない理由!

美容整形はメンテナンスをしないと崩れると言う説は、昔から言われています。劣化や整形崩れと思われる症例写真がそうした説に拍車をかけていますが、実際はメンテナンスをしなくても劣化、崩れする事はほとんど無いです。なぜなら現在の美容技術は進化は素晴らしく顔の筋肉に沿って整形するので、筋肉の引きつれや神経を傷つける事は通常の施術では起こらないです。しかし絶対と言い切れないのは、よほど顔の造形にかけ離れた無理な整形を度々行ったレアなケースに関してはメンテナンスが必要だからです。

プロだから分かる!美容整形を断る理由!

例え注射一本で出来るプチ整形でも、美容整形施術を施術出来るのは医師だけです。医師は顔の筋肉、神経をきちんと把握している上、経験上どこまでならメンテナンス無しで自然な状態になるかを熟知しています。その為カウンセリングで患者の希望する施術は術後に違和感が出やすいと感じた場合、施術を断り違和感の無い施術を進める事が多々あるのです。また美容整形を繰り返している人は、前回の箇所との兼ね合いで整形を断られる事もあります。

嘘を付いて整形を繰り返す患者!

美容整形のプロである医師は適格な判断が出来るにもかかわらず、劣化が起きる無理な美容整形が無くならないのは患者が病院を変えるからです。医師にダメと言われても諦めきれず他の病院に行った場合、その病院の医師はカルテ無しで多院で整形済みの患者を診る事になります。現在の美容整形技術は素晴らしく見た目で判断出来ない物もあるので、患者が嘘を付いて整形してないと言った場合手術に至って初めて気が付くといったケースもあるのです。そうなると整形の上に整形を重ねてしまうので、結果無理に繋がり崩れやすくなってしまいます。

フォトフェイシャルの施術を継続的に行うことで、日常的に美意識を高められることが大きなメリットといえます。