いつまで治療が続く?虫歯を治療してもさらに来院を求められるケース

治療方針は患者の意思が尊重される

鏡を見ながら歯を磨いているときに虫歯を見つけた場合、歯科で治療してもらうことになります。しかし、自分で見つけた歯が治療されたあとも、引き続き、来院を求められることがあります。これはなんの治療をしているのでしょうか。まず、歯医者に行った際にはアンケートのようなものを書かされることが多いです。その中には、どのような治療を受けたいのかという項目もあります。患者が指定した歯だけを治してほしい、悪くなっている歯は全部治してほしいなどの選択肢があり、基本的にはそこでの選択が尊重されます。

今は痛みがなくても虫歯になっていればいずれ悪化する

つまり、悪い歯はすべて治してほしいという要望を最初に出した場合、自分が見える範囲の虫歯だけではなく、奥歯の裏など、わかりにくい場所にある虫歯も治療対象になるというわけです。では、他人から見える場所ではない、あるいは痛みなどの自覚症状がまったくない虫歯でも治療をした方がいいのかということですが、できれば治療した方がいいでしょう。というのは、虫歯は進行速度こそ様々ですが、最終的には歯がぼろぼろになってしまうからです。

神経に達する前に治療してもらえば楽

今は特に痛みがないからという理由で先延ばししても、いずれ虫歯は神経にまで達するので痛みが出ることになります。その段階で歯科に行って治療すると、歯の神経を抜く可能性が高いので、患者にとって非常に負担がかかるものになります。痛みが出ていない段階、つまり神経には達しておらず、歯の表面だけ虫歯になっているという場合なら、悪い部分を削って埋めるだけで治療は完了するので短時間で済みますし、金銭的な負担も少ないです。

荻窪には地域に根付いた歯医者が多く、信頼できる歯医者も数多くあります。そのため、荻窪での歯科治療なら安心できます。